カードローンの利用限度枠

カードローンの利用限度枠

カードローンの利用限度枠は金融機関の基準によりそれぞれですが、銀行系と消費者金融系のカードローンでは根本的に違う部分があります。

 

それは、2010年に施工された総量規制が適応されるのかされないのかという違いです。銀行系のカードローンの場合は総量規制の適応外ですが、消費金融系のカードローンには適応されます。

 

総量規制というのは、多重債務者を防ぐ、または減らすために施工された規制で、年収の3分の1以上の借入はできないということも定めた規制です。そのため、実際の収支希望額が年収の3分の1以下であっても、他社からの借入額との総額が年収の3分の1以上になると、融資を受けることができないという仕組みです。

 

そして、他社からの借入額の中にはクレジットカードで買い物をした代金は含まれませんが、クレジットカードでキャッシングした借入額は含まれます。ただし、これは総量規制適応外の住宅、高額医療費、教育ローンなど、銀行で組んだローンは除外されますので、それらのローンは他社からの借入額との総額に含まれることはありません。

 

また、おまとめローンなどの借り換え、社会通念上緊急に必要と認められる費用や緊急な医療費、個人事業者の事業資金等は総量規制の適応内ですが、これらの借り入れ目的である場合には年収の3分の1以上であっても、審査の結果、返済能力があると判断されると例外的に融資が可能になることもあります。

 

したがって、消費者金融系のカードローンの場合、利用限度枠は年収の3分の1以下ということが原則となります。その上で借入希望者の社会的信用度を審査し、利用限度枠を決定します。

 

社会的信用度は、金融機関が共用している勤務先、連絡先、生年月日、過去の借入履歴など、借入者の情報が記録された指定信用情報機関の情報で判断されます。

 

このようにして初めの利用限度額が決定されることになるのですが、返済を滞りなく続けていくと信用度が上がり、次第にキャッシング限度額が高くなっていきます。カードローンの広告に高額な利用限度額が表示されていますが、これは初回から表示されている最高額の融資が受けられるというわけではない場合が多いです。

 

銀行系のカードローンには年収の3分の1以下という規制はありませんが、年収、年齢、融資を受けようとしている銀行の口座の有無など、それぞれの銀行の基準によって利用限度額が決定します。一般的に、銀行系のカードローンは利用限度額が大きく、低利率ですが、審査内容が厳しく審査に時間がかかる銀行もあります。

 

>> 銀行カードローンと言えば楽天銀行スーパーローン

カードローンの利用限度枠関連ページ

オススメの借り換えローン
借り換えローンとは、今借りているローンを完済して借り換えることで、簡単な返済を行うことができるようになるというメリットがあります。振込などにかかる手数料もその分安くなり、わかりやすく自分の借入をまとめることで返済の効率を高め、完済までのスピードを早めることができます。
おまとめローンの利用方法
おまとめローンを利用すると、金利で失われていた金額が元金に充当されていくようになるので、いくつものローンを抱えている状況に比べて元金が早く減っていくことになり、早く返済が済ませられることになります。
借りたお金は何に使ってもいいの?
お金の使い道は自由です。最近では投資などに利用している方もいますし、反面パチスロなどのギャンブルに使用している方もいます。
他社から借りている事は言わなければバレない?
個人の金融事情は全てデータ化して「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「日本信用情報機構」という3つの機関により、管理され保管されています。審査の時に金融機関は過去のデータをしっかりと見ます。
収入証明無しでも借りられる楽天銀行スーパーローン
カードローンを申し込む際に収入証明の提示を求められる場合と、そうではない場合があります。楽天銀行スーパーローンの場合は200万円以下の借入の場合、収入証明が無くても融資が受けられます。