収入証明無しでも借りられる楽天銀行スーパーローン

収入証明がないと借りられませんか?

収入証明とは、収入を証明できる書類のことで、具体的には年度末に会社から出される源泉徴収票、3か月以内に会社から出された2か月分の給料明細書、前年度の住民税額を証明する課税証明書、市区町村が発行する住民税課税決定通知書などの所得証明書、そして、個人事業主の場合には確定申告書などの書類を指します。

 

融資のために上記の書類のどちらかの提出を求められた際には、必ず原本ではなく写しを提出しましょう。基本的に提出した書類は返還されませんので注意しましょう。また、収入証明書が必要のない場合でも、パスポート、運転免許証、各種健康保険証などの本人確認ができる書類は必要です。

 

収入証明が必要ない場合

 

カードローンを申し込む際に収入証明の提示を求められる場合と、そうではない場合があります。そして、収入証明の提示を求められない場合には、収入証明が無くても融資を受けることができます。

 

他に借り入れをしていなくて、借入希望額が50万円以下場合は、ほとんど収入証明書の提示は求められません。

 

楽天銀行スーパーローンの場合は200万円以下の借入の場合、収入証明が無くても融資が受けられます。

 

他には300万円までの借入まで収入証明が無くても融資が受けられるカードローンとしてオリックス銀行カードローン、200万円までの借入まで必要ない会社は楽天銀行の他に、ジャパンネット銀行ネットキャッシング、大和ネクスト銀行フリーローンなどがあります。

 

主要なカードローンについて収入証明書の提示が求められる場合をまとめてみます。

 

アコム

利用限度額が50万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合、提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合

 

モビット

利用限度額が50万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合、三井住友銀行または、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座、社会保険証、組合保険証のどれも持っていない場合

 

プロミス

融資額が50万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

 

アイフル

融資額が50万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

 

新生銀行レイクカードローン

融資額が100万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

 

みずほ銀行カードローン

融資額が100万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

 

オリックス銀行カードローン

融資額が100万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

 

三菱東京UFJ銀行バンククイックカードローン

融資額が100万円を超える場合、他の貸金業者からの借入合計額が100万円を超える場合

 

>> 200万円までなら収入証明書不要の楽天銀行スーパーローン

収入証明無しでも借りられる楽天銀行スーパーローン関連ページ

オススメの借り換えローン
借り換えローンとは、今借りているローンを完済して借り換えることで、簡単な返済を行うことができるようになるというメリットがあります。振込などにかかる手数料もその分安くなり、わかりやすく自分の借入をまとめることで返済の効率を高め、完済までのスピードを早めることができます。
おまとめローンの利用方法
おまとめローンを利用すると、金利で失われていた金額が元金に充当されていくようになるので、いくつものローンを抱えている状況に比べて元金が早く減っていくことになり、早く返済が済ませられることになります。
カードローンの利用限度枠
消費者金融系のカードローンの場合、利用限度枠は年収の3分の1以下ということが原則となります。その上で借入希望者の社会的信用度を審査し、利用限度枠を決定します。
借りたお金は何に使ってもいいの?
お金の使い道は自由です。最近では投資などに利用している方もいますし、反面パチスロなどのギャンブルに使用している方もいます。
他社から借りている事は言わなければバレない?
個人の金融事情は全てデータ化して「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「日本信用情報機構」という3つの機関により、管理され保管されています。審査の時に金融機関は過去のデータをしっかりと見ます。