他社から借りている事は言わなければバレない?

他社から借りている事は言わなければバレない?

借入を1回してしまうと、お金の使い方の判断が鈍くなってします。

 

お金を使ってしまったら、再度借入の申請をしてしまう・・・。でもまた借りたお金が返せなくて、今度は違う会社に借入の申請に行く。借金は依存性も大きくあり、借りているお金なのに自分のお金と誤信をして使いすぎてしまう。そして、働かなくてもお金が手に入るという錯覚を起こしてしまい、何社にも借金をして最終的に借金が膨らむ状態・・・。

 

怖いですね・・・。

 

お金って、何社からでも借りることができるのでしょうか?結論から申し上げますと、何社からでも借入することはできます。ただし!!

 

これは「信頼・信用」の問題です。お金持ちでたくさん資産をもっている人は、何社でも借入できます。だって、返済可能な方と判断されるからです。

 

逆に火の車状態の方は何社からも借入できません。「他社から借りている事を言わなければバレない!」なんて強気な方。甘いです。金融の仕組みは、甘くありません。

 

個人の金融情報は業者に筒抜け

 

個人の金融事情は全てデータ化して「全国銀行個人信用情報センター」「CIC」「日本信用情報機構」という3つの機関により、管理され保管されています。審査の時に金融機関は過去のデータをしっかりと見ます。借りている先が消費者金融ばかりだと、信頼もなくなり借りることが不可能になります。イコール、何社からも借入できません。多重債務者と認識されてしまうのです。

 

逆に、資産が多くあるというデータがわかれば、金融機関が「こちらから(金融機関側)借りて下さい!!」って営業に行くパターンもあるかもしれません。以前、金融機関で働いていた時の法人営業では、優秀な企業に「融資させて下さい!」って営業に行っていましたよ。それは、金利を稼ぐために借金をしなくてもいい人に借金をさせて、金利を払わせるセコイ仕組みです。

 

金融会社で働いていた経験からアドバイスをしますと「借入先は1箇所にまとめること」です。

 

何社からも借入するのは管理も大変ですし、信頼関係にも欠けます。複数から借りると、「1箇所1箇所の借入金額が少ないから大丈夫!!」なんて、金額の誤認識マジックにかかってしまい気づいたらトータル金額が「!?」状態になってしまうのです。

 

何社から借りても、結局最後には1本化することになります。返済がきつくなってしまうからです。お金を借りる行為は怖いですよ。「お金のマジック」がかかってしまうと、マジックが説けるまで時間がかかります。お金はなければないなりの生活をすること、お金は足りているのなら借りないことが1番です。

 

>> カードローンの一本化はこちらから

他社から借りている事は言わなければバレない?関連ページ

オススメの借り換えローン
借り換えローンとは、今借りているローンを完済して借り換えることで、簡単な返済を行うことができるようになるというメリットがあります。振込などにかかる手数料もその分安くなり、わかりやすく自分の借入をまとめることで返済の効率を高め、完済までのスピードを早めることができます。
おまとめローンの利用方法
おまとめローンを利用すると、金利で失われていた金額が元金に充当されていくようになるので、いくつものローンを抱えている状況に比べて元金が早く減っていくことになり、早く返済が済ませられることになります。
カードローンの利用限度枠
消費者金融系のカードローンの場合、利用限度枠は年収の3分の1以下ということが原則となります。その上で借入希望者の社会的信用度を審査し、利用限度枠を決定します。
借りたお金は何に使ってもいいの?
お金の使い道は自由です。最近では投資などに利用している方もいますし、反面パチスロなどのギャンブルに使用している方もいます。
収入証明無しでも借りられる楽天銀行スーパーローン
カードローンを申し込む際に収入証明の提示を求められる場合と、そうではない場合があります。楽天銀行スーパーローンの場合は200万円以下の借入の場合、収入証明が無くても融資が受けられます。